1億よりも健康のほうが利益を生む!?

普段の生活の中で健康を第一に考えています。何よりも命が大事です!その命の源になるのはやはり健康なのです。「今日はちょっと体調がいつもと違うな」 こんな事頻繁にありますよね。でも次の日はなんともなく、気にせずその日を過ごしてしまう方が大半だと思います。その日に感じた体の違和感はもしかしたら、潜伏している大きな病気って事もありえなくはないんです。重度な風邪などなら「今日はちょっと様子見て治らなかったら病院にいこう」ってなりますよね。ここでようやく病院が頭に浮かんでくるとおもいます。 私のブログでは体の異変、病気などの対処法など健康に関することの情報を主に掲載していきます。その他にも髪やお肌、体臭などでお困りの方々にも役立てるかと思います。些細な事など、このブログを通じて気にかけてもらえたら幸いです。

2014年04月

乾燥肌の原因…洗顔にあるかも?


  乾燥肌は女性の方の方が気になさってると思います。
  
  お肌は手足は隠せてもお顔は中々隠せないものですよね。
  
  洗顔はかかせないものです。でもその洗顔の仕方はもしかしたら  
  逆に肌荒れの原因になってしまってる可能性があります。


乾燥対策

・エステで行う保湿ケア
最近ではエステなんてお金も高いし時間もかかるし、行ってられない・・・という時代ではなく、
驚くほどリーズナブルな金額でエステでも施術を受けることが可能になります。
 
自分では行うことができないスペシャルケアはエステで行ってもらうことで、様々な肌トラブルなどを改善することが可能です。
 
特にエステでも人気を集めているのは乾燥肌のためのケアになっていて
どうしても自分では限界のあるお肌の保湿はエステで行ってもらうという人が沢山います。
 
エステでの保湿ケアというのは保湿を行うだけではなく、
保湿の効果が高まるようにしっかりと肌の汚れを落とし、その上でしっかりと
美容成分がお肌に浸透させてくれるために一度の施術でお肌の状態が変わると言われています。
 
もちろんエステには継続して通わなければ、いつまでも同じ効果を持続するのは難しいと思いますが
以前のように高級な金額ではなくリーズナブルな金額でエステに通うことができるようになりますから
定期的にスペシャルケアとしてエステで保湿ケアをするのも良いことだと思います。
 
エステで保湿ケアを行いながらお肌の状態をしっかりと見てもらうことで、自宅でのケアのアドバイスを受けることができますし、自分の肌がどのように変わっていくのかを時間する事も可能だと思います。
 
まだ自分では普段洗顔やクレンジングで落としきれていない汚れをしっかりと落としてもらうだけでも
乾燥肌の状態は改善されていきます。
 
最近は初めてであれば、驚くほどリーズナブルな金額で出して施術を受けられるようなキャンペーンが
あるのでそしてキャンペーンは上手に利用して保湿ケアを行ってみてはいかがですか。


・サプリメントの乾燥肌予防効果
サプリというのはとても便利なものだと思います。
 
以前はサプリを購入しようと思っても、とても高い金額で購入することができなかったりした人も
いると思いますが、近年ではリーズナブルな金額でサプリを購入することが可能です。
 
様々な目的でサプリを飲んでいる人がいると思いますが、乾燥肌を予防するために良いサプリはどんなものになるのかというと、コラーゲンやヒアルロン酸などをたっぷりと含有しているサプリがお勧めです。
 
また、サプリには生の状態の成分が含有されているサプリと、粉末を錠剤にしているサプリがありますが
どちらかというと生の状態のサプリの方が効果が高いようです。
 
乾燥肌を予防するためにサプリを摂取しようと思っているのであれ
まずはトライアルセットなどをリーズナブルに購入できるサプリを飲んでみると良いと思います。
 
1週間程度サプリを飲んでみて、お肌に違いがあると思いますのでら特に違いを感じることができたサプリを継続して行くと良いのではないでしょうか。
 
サプリは、気になった時にすぐに摂取することが可能ですし
旅行などにも持っていくことが可能なのでとても便利だと思います
 
またランニングコストを考えても毎日乾燥肌を予防をするための食事を摂るよりもサプリメントで必要な成分を補ってあげたほうが良いと思います。
 
ただあまりにも沢山のサプリを摂取してしまうというのは、決して良い事ではないので、効果を感じられるサプリに絞って摂取していくようにしてください
 
同じような成分を一度に摂取しても効果は同じになってしまいます


・自宅でできる効果的な乾燥対策
自宅でできる乾燥肌対策といえば、保湿が当たり前だと思います。
 
しかし保湿にも様々な方法がありますので、可能な限り複数の方法を実践して自宅で保湿を行っていくと良いと思います。
 
まずスキンケアの際に化粧水や美容液をつけるだけではなく、化粧水でコットンパックをしてあげるというのは手軽だし簡単な保湿になると思います。
 
コットンパックする時は普段自分が使っている化粧水を使っても良いし、更にリーズナブルな金額で販売されている化粧水を使っても良いと思います。
 
またこの他にはリーズナブルな美顔器を購入して保湿を行うというのも良い方法ですよね。
 
美顔器は片手で使えるし、テレビを見ながらや電話をしながらでも保湿することが可能です。
 
それからこの他にもお勧めの保湿ケアは、できるだけシャワーではなくしっかりと入浴するということになります。
 
入浴することによって毛穴が開き汚れが落ちてくれますから、その分保湿効果が高まります。
 
スキンケアを行った時の美容成分の浸透率が上がりますから、入浴をして毛穴を開かせるように心がけてみてください。
そしてこの他には加湿器を使うということになります。
 
近年空気清浄機に加湿機能がついているものなども沢山販売されていますし
加湿専用の商品等もリーズナブルに販売されているので
梅雨などを除いて常に加湿器をつけておくようにするだけでも保湿効果があり
乾燥肌対策につながっていくと思います。
  
特に手間やお金をかけなくても自宅で保湿ケアを行うことも可能ですから
自分の中で無理のない方法を選んで自宅で保湿を行ってあげてください。


・乾燥肌対策に適した化粧品選び
近年ではとても多くの化粧品が販売されているので
どんなものを使えば自分の肌が綺麗になっていくのか悩むところだと思います。
 
特に乾燥肌の人の場合は、保湿効果の高い化粧品を選ぶ必要がありますが
ここで重要なのは金額や知名度ではなく、成分になります。
 
保湿を行うためにヒアルロン酸が含有されているというのは最も重要なことですが、それ以外にも乾燥肌を予防したり改善するために必要なのはセラミドという成分になります。
 
セラミドが肌から不足してしまうと、どうなるのかというと
せっかく補ったヒアルロン酸が肌の奥でとどまる事が難しくなります。
 
ですからヒアルロン酸とセラミドが含有されている化粧水を選ぶようにすると
乾燥肌の状態も改善されると思います。
 
またメーク汚れを落とすためのクレンジングに関して、オイルを使っていないクレンジングを見つけると良いです。
 
オイルクレンジングをしてしまうと、どうしても皮脂まで洗い流されてしまうので乾燥肌の状態がひどくなります。
 
近年ではオイルを使わないクレンジングが販売されていますので、そうしたものを使ってください。
 
洗顔も同じ事が言えます。
 
また乾燥肌の人は、お肌がとても敏感な状態になり、化粧品で炎症が出てしまったりすることがありますが
その場合はハーブなど使っている化粧品を選んだりするのも良いと思います。
 
ハーブだけではなく、ハーブオイルなどが使われているものも,お肌の保湿を
行ってくれるような効果を持っていますので、できるだけお肌に刺激を与えないような成分で作られている
化粧品選びを行っていきましょう。


・お肌の乾燥を予防する食事
私達の肌の美容というのは毎日の食事から作られているといわれています。
 
食事の内容に気をつけることによって美肌を保つことが可能ですが
特に乾燥肌に悩まされている人の場合にはお肌が乾燥しないような食材を取り入れることが大切です。
 
有名な成分としてはヒアルロン酸などがあると思いますが、ヒアルロン酸を食事から摂取するのは難しく
どうしてもコラーゲンなどに頼りがちです。
 
その場合にはヒアルロン酸のサプリメント等を摂取することもお勧めだと思います。
 
またこの他にはお肌の代謝を促進したり成長ホルモンの分泌を促進してくれるイソフラボンなども摂取すると良いと思います。
 
乾燥肌を予防する食事といっても偏った栄養ばかりを摂取している
お肌がどんどん悪い状態になっていきますから、食事が最も重要だと思います。
 
特にお肌に良いとされている食事は野菜をメインにしてお肉を少なくするということです。
 
ただ、お肉を少なくすると言っても極端にお肉を減らしてしまうと皮脂の分泌が減少してしまうためにヘルシーなお肉は摂取するようにしてください。
 
それから、肌の代謝を高めるためにエイジング効果の高い食事を心がけるというのも大切だと思います。
 
トマトを使った料理や食後には赤ワインを飲む、お料理のソースなどにもスパイスを使ったりするのも良いと思います。
 
乾燥肌を予防するためにはスキンケアだけではなく、食事の内容にも気をつけていくことにより
体の中から乾燥肌を予防することが可能になりますから悩みも少なくなっていきます。


・乾燥肌のためのお手入れ方法
乾燥肌の手入れをする時に化粧水や美容液だけをつけて満足してる人がいます。
 
毎日しっかりと化粧水や美容液をつけているからお肌の保湿はバッチリなんて思っている人は本当に
化粧水や美容液の成分がお肌に浸透しているかどうか、自信がありますか?
 
乾燥肌を改善させるためにはお肌の表面だけではなく
お肌の奥の部分まで保湿成分を届けてあげなくてはなりません。
 
近年ではリーズナブルな美顔器なども購入できるので、こうしたアイテムを使って保湿を行ってあげるというのもとても効果的だと思いますが、美顔器を持っていない人の場合には、コットンパックなどをしてあげると良いです。
 
またこの他にも毛穴に汚れが詰まった状態ではいつまでも乾燥肌を改善させることができないので
まずは毛穴の汚れをやさしく吸着して落としてあげることができるような洗顔料を選んで
毎日キレイに洗顔を行っているという事も必要になります。
 
乾燥肌のお手入れというのは、沢山の化粧水などを使えば良いのではなく
しっかりと毛穴をきれいにしてお肌を正常な状態に戻し
さらにお肌が安定するように化粧水や美容液をつけてあげるというのがベストになります。
 
化粧水や美容液に関してはリーズナブルなものでもしっかりと浸透させることができれば
問題ありませんので、高級なものを購入する必要は無いと思います。
 
リーズナブルなものであっても、お肌に浸透していくようにハンドプッシュをしたりコットンパックをしたりしながら
お手入れをしてあげてください。


・あなたの乾燥肌のタイプはどのタイプ?
一言で乾燥肌といっても様々なタイプがあります。
 
お肌全体が乾燥してしまう乾燥肌やお肌の一部分だけが乾燥してしまうという乾燥肌、顔だけが乾燥肌の人や体全体が乾燥肌の人など様々です。
 
しかしどんな乾燥肌のタイプであってもケアの方法は全て同じになります。
 
しっかりと保湿を行うことと、お肌に刺激を与えずに汚れを落としてあげるということが重要です
 
私達の体というのは皮脂を分泌しながらしっかりとバリア機能を保っているのですが
汚れを落とすために刺激が強い成分を使って洗ってしまったりする
バリア機能のがどんどん失われ、やがて皮脂の分泌コントロールができなくなり、乾燥肌となってしまいます。
 
ですから乾燥肌を改善していくためには極力お肌に刺激を与えないように汚れを落として
たっぷりと保湿することが大切です。
 
しかし保湿をすると言っても、化粧水などをつければ保湿ができているというわけではなく
お肌の奥までしっかりと浸透させることが重要ですから
浸透力が高い化粧品や水や化粧美容液などを選ぶ事も大切になると思います。
 
顔の保湿であれば化粧水を付けた後にラップをしてあげることによって浸透力が高まりますし
体の保湿をする際には化粧水や美容液を重ねづけしてあげることによって保湿効果が高まります。
 
乾燥肌のタイプによって悩みの度合いなどが変わってくると思いますが
基本的には同じようなケアを行っていくことにより乾燥肌を改善させることが可能です。
 
乾燥肌を改善させるまでには多少時間がかかりますが、根気強くケアを続けていくようにしてください。


・肌が乾燥する原因は?スキンケアを見直そう!
乾燥肌になってしまう原因はお肌の保湿が足りていないというのは当たり前のことですが
この他にも乾燥肌になってしまう原因は考えられます。
 
例えば毎日しっかりとスキンケアでお肌の保湿を行っていても長い時間外で紫外線を浴びてしまったり
エアコンや暖房を浴びてしまったりすれば、当然お肌が乾燥してしまいますよね。
 
ですから、この場合にはスキンケアで保湿だけではなく、潤い効果を与えてくれるようなコスメを使う事も必要になると思います。
 
また多くの人が気が付いていない乾燥肌の原因として、洗顔があります。
 
洗顔をしているしていないということではなく、洗顔の際に使っている洗顔料や洗顔の際にお肌をこすってしまうなどと言うことによって、乾燥肌の原因になります。
 
まず洗顔を行う際には界面活性剤を使っていない洗顔料を選ぶことが最も重要です。
界面活性剤がお肌の皮脂を全て取り除いてしまいますから、お肌のバリア機能が低下してしまい
当然乾燥した状態になります。
 
またクレンジングオイルなども同様に皮脂を取り過ぎてしまいますので
界面活性剤やオイルが使われていない洗顔料を選んでください。
 
そして洗顔する時に汚れをしっかりと落とそうと、お肌をこすってしまう人がいますが
こうした肌への刺激というのは毛穴を開かせたり
乾燥肌の原因になるので沢山の泡でお肌をこすらないように洗顔することが大切です。
 
乾燥肌の原因を考えてみると、ご自分に当てはまることがあると思いますので
できることから乾燥肌を改善していくためにまずは洗顔から変えてみてはいかがでしょうか。



・乾燥肌がもたらすお肌のトラブル
乾燥肌になるとメイクをしてもすぐにメイクが崩れてしまったり
皮膚がめくれてボロボロになってしまったりするような肌トラブルがあると思います。
 
しかし乾燥肌というのはこうしたトラブル以外にも沢山のトラブルを引き起こします。
 
まず乾燥肌になると毛穴が開いてしまうためにせっかく分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまい吹き出物やニキビの原因となります。
 
またこの他には最初に明記したようにお肌の表面がめくれてカサカサしてしまうために肌の新しい細胞が傷ついた状態となり色素沈着も目立つようになってしまいます。
 
その他には皮脂が詰まっていなくても毛穴が開いている状態になってしまいますし
お肌のキメがどんどん乱れてデコボコとしたお肌に見えるようになってしまいます。
 
それから乾燥肌というのはスキンケアを行っても潤いが逃げてしまうことが多く
美容成分がお肌の奥まで届かないのでお肌のターンオーバーのサイクルが遅くなり肌にくすみが
目立ってきたり、シミやソバカスなども目立ってきたりするようなことがあります。
 
そして吹き出物やニキビなどが出来ても代謝が悪いのでなかなか綺麗に治ってくれず
ニキビ跡になるなんていうこともあると思います。
 
このように乾燥肌は沢山の肌トラブルを引き起こしてしまいますか
可能な限り改善していくことをお勧めします。
 
乾燥肌を改善する方法はいっぱいあるので、自分の中で無理なく続けていける方法を選んで
乾燥肌を改善していけるように取り組んでいきましょう。
 
乾燥肌が徐々に改善されていれば自分の肌に自信が持てるようになっていきます。
・洗顔する時の水温について

洗顔する水温が高すぎると、お肌の脂を抜き切ってしまいます。

これを繰り返してしまうと、
お肌のバリア機構やお肌の保湿機構を壊して行ってしまいます。

台所で皿洗いなどをする時に、冷たいからといって高温のお湯で洗っていると、
どんどん手が荒れて行きますよね?

顔の上でも、それと同じ事が起きているという事ですね。

ちなみに、洗顔するお湯の温度は、
バスタブのお湯やシャワーのお湯と同じ温度だと、実はかなり高過ぎます。

バスタブやシャワーの温度は、今の季節だと40度強になると思いますが、
洗顔に適してるのは30~35度ぐらいまでです。

これは、温水プールの温度ぐらいで、顔に付けると冷たい?
と感じる程度のぬるま湯になりますので、この点注意が必要かもしれませんね。


・ダブル洗顔について
クレンジング→石鹸洗顔 のいわゆるW洗顔は、あまりオススメできません。

洗浄力が強すぎて、お肌のバリア機構や保湿機構を壊して行ってしまいます。

洗浄力をなるべく抑えてあげる事で、お肌への刺激や乾燥を抑える事が出来るかな?
なんて思っています。

基本的には、落ちやすい薄いメイクをして、1度の石鹸洗顔だけでメイク落しを済ませてしまうというのが
 一番お肌に刺激が少ないと思います。どうしても、クレンジングを使う場合は
クレンジングの後は石鹸を使わずに、 ただのぬるま湯で洗顔すると良いかと思います。


(コレは、クレンジングの種類にもよります。
中にはそのままお肌に残っていると刺激が強いタイプもありますので、そのあたりはお使いのクレンジングの説明書を確認してみてください。)

とにかく洗い過ぎない事が重要です!
洗顔や入浴の後、スキンケアまでにかなり時間が空いてる
空気の湿度が30%以下になると、空気はお肌から水分を奪おうとします。

ただ、人間の肌は、皮脂膜という油膜のバリアを持っているため、
乾燥時期でも水分を維持出来ています。

洗顔や入浴をすると、お肌のバリア「皮脂膜」も一緒に洗い流してしまうので、
スゴイ勢いでお肌から水分が抜け出ています。

入浴や洗顔の後に、間髪入れずにスキンケアをすることで、 
お肌からの水分の蒸発を、少しでも防いであげましょう!

なるべく急いで化粧水・美容液とお肌に入れて、最後にクリームでピタッとフタをする!
こうしてあげれば、乾燥した時期でも、お肌からの水分の蒸発を最小限に防げますよね?


・化粧水や美容液は使うが、クリームは使わないについて
最近、お客さまの中で、「クリームを使わない!」という方が多い事に、
少しビックリしています。

コレは、ジェルや粘度の高い化粧水などが、人気になっていたり、
一部のメーカーさんなどが謳っている、オイルは使わない方が良いという、
アンチオイルキャンペーンのせいなのでしょうか?

いずれの場合も、オイルを使わないためには、 
ジェル系の物が使われる場合が多いんですね。

ジェル系の基材の中身って、合成ポリマーと言って、 
簡単に言うと紙オムツの中身やサランラップみたいな物。

ジェル系の化粧品を使うと、肌がツルツルになった感じがするのは、 
サランラップでコーティングしたような状態になるからなんです。

さらに、紙オムツの中身のように、たくさんの水をまとってコーティングするので、 
何かプルプルになった感じもするんですね。

ココまでの説明で分かると思うのですが、ジェル系のスキンケアって、メイクアップ的な発想の
スキンケアなのかも?本当の肌がキレイになる訳じゃなく、コーティングを使って、
お肌がキレイになったように見せかけるスキンケア?

「別にメイクアップ的なスキンケアでも良いじゃない!」なんて方も、 
いらっしゃるかと思います。

でも実は、水分を含んだジェルでお肌をコーティングしていると、見かけはプルプルなのですが
その裏でお肌から水分が抜けて砂漠化してしまってる事に気付かない場合が多いんですね。

なぜそうなるかと言うと、お肌の水分蒸発を防ぐのは油膜以外にはないからなんです。
ジェルなどの水性の膜だと、水分蒸発を上手に抑えられないからなんです。

当店が、クリームやオイルなどの油性化粧品をオススメするのはココに理由があるんです!


・クリームは使うけど、ベタ付きがイヤなので、ほんのチョットにしているについて
上の2つの項目で、クリームやオイルなどの油性化粧品の重要性をご理解頂けたと思います。

スキンケアの仕上げにクリームを使って、フタをするのは、 
実はお肌の表面にある皮脂膜の代わりをさせようとしている訳ですよね?

夏などの暑い時期には、皮脂がたくさん分泌されるので、 
皮脂膜はお肌を厚く覆っています。

ですので、この時期は、クリームも少なめで良いと思うんですね。

ところが、寒くなるにつれて、皮脂膜が薄くなって行くんですね。 
しかも、薄くなる時期が一番乾燥が激しい時期だったりする訳です。

この時期にクリームを薄く塗っていたら、
お肌から水分が蒸発して行ってしまいますよね?

ですので、そんな時はやや厚めにクリームを塗ると良いと思います。
ベタ付がイヤという場合でも、こんな感じで調整すると良いかな?なんて思っています。


ダイエットが抜け毛の原因に!?



      抜け毛対策は万全ですか?
      まだ若いから大丈夫など
  思っていませんか?
    
      例えば今ダイエットされてる方など
  はそのダイエット方法によっては抜け毛に影響している
  可能性があります。
     
     何するに対しても徹底しなければ
  後悔せざるおえません。

  

抜け毛対策
防止方法

一度気になり始めるとキリが無い抜け毛問題ですが、効果的な防止方法はあるのでしょうか。
病気の予防があるのですから抜け毛にだって防止方法はあります。
抜け毛は原因あっての結果なので、原因を作らないことが何よりの防止方法だと言えます。

病気や薬の副作用で進行する脱毛症状は病気が治ったり薬を変えることで軽減するため
当然ですがまずは治療が最優先になりますよね。

日ごろから出来る予防方法はたくさんあります。
と言ってもさほど難しいことは無く、簡単なことばかりなので出来ることから
取り入れてみてくださいね。

頭皮の清潔は大切ですが洗いすぎは厳禁です。
顔も洗顔のしすぎは良くありませんよね。頭皮だって同じです。
必要な皮脂は残しつつ余分な脂と汚れはキチンと落とす、これが理想です。

加えてマッサージで頭皮の血行を良くすることも大切です。
頭皮マッサージには眼精疲労や肩こり解消の効果も望めるため、少し疲れたときに
ぜひやってみてください。

血行が良くなると頭皮も柔らかく健康になるため、丈夫で美しい髪が育ちますよ。

そして外出しない日は整髪料をつけることも長い髪をキツくまとめることも止めて、
髪と頭皮を休ませてあげましょう。

食生活では髪の栄養となる良質なたんぱく質やミネラルを豊富に含む海藻類を
意識して取り入れましょう。
バランスの取れた食事は髪や頭皮だけでなく、身体も健康になれますよ。

どれも些細なことですが、抜け毛を防止する効果は必ず現れます。

予防法
抜け毛は症状が顕著になってから対策をとってもあまり効果が望めないため、
出来れば普段から何らかの予防法は取っておきたいものですよね。
ですが抜け毛が増える予兆が無ければ手の打ちようがない、と思う方もいるでしょう。

ヒトの身体は自分自身に常に何らかのメッセージを送っています。
痛みは感じる部分に何らかの不調が起こっているサインですし、
風邪を引けば体温を上げて病気の元となっているウイルスや殺菌を死滅させようとします。

頭皮もそれと同じで、抜け毛が増える前にはまずフケが増えます。
フケは髪の毛の分泌物で出来ており、それを生成するのは中性脂肪とスクアレンです。
どちらも刺激物へと変化し、頭皮に悪影響を与えて抜け毛の原因を作ります。

これを出来るだけ減らすために、丁寧なシャンプーや日々のブラッシングを
心がけましょう。

また、ツボを刺激することで抜け毛を予防することも期待できます。
ツボは東洋医学において「経路」と呼ばれ、ヒトの身体に多大な影響を及ぼすものとして
扱われており、また全身は経路によって結ばれているとされています。

そのためその経路のどこかに異変が起きれば身体にも不調が起こるというわけです。
肩こりに効くツボや筋肉痛を緩和するツボがあるように、抜け毛を予防するツボもまた
存在します。

ブラッシングや頭皮マッサージで刺激することで効果が得られますが、
やりすぎると頭皮に傷がついてしまうため注意が必要です。

抜け毛対策

抜け毛症状や薄毛が気になり始めたら、すぐにでも抜け毛対策を取りたいところです。
とは言え、具体的にはどうすればいいの?と思われる方もいますよね。
いつもと同じ生活を送っている上で症状が出てきたのであれば、余計そう感じるでしょう。

すぐに育毛剤に頼るのではなく、まずは日ごろの生活習慣およびヘアケア方法の見直しから
はじめてみましょう。

普段使いのシャンプーは、弱酸性タイプのものがオススメです。
中でも特に表示指定成分の少ないものを選ぶようにしてください。
商品はたくさん出回っていますから、最初はいろいろ試してみても良いですね。

そして出来ればシャンプー・リンス・コンディショナーは同じラインでそろえましょう。
通常シャンプー・リンス・コンディショナーは同シリーズで使用することを想定した上で
ph値や香りが設定されています。

そこを変更してしまうとph値も香りもバランスが崩れてしまいます。
組み合わせによっては好ましくない香りが出来上がってしまうこともありますので
注意が必要です。

嗜好品については、一番に禁煙することです。
タバコが全身の血流を悪くすることは良く知られていますが、血流が滞ると髪に栄養が
行かなくなってしまいます。

そうなると髪はやせ細り、ハリもツヤも失われてしまいます。頭皮にとっても良くありません。
髪のためにも身体のためにも、減煙から禁煙へと進めたいですね。

他に無理なダイエットをしないこと、バランスの取れた食事と良質な睡眠を摂ることが
挙げられます。

抜け毛対策は始めてすぐに効果が出るものではありません。気長に取り組んでいきましょう。
本数
一口に抜け毛と言っても、いったい何本くらい抜けた状態を指すのかご存知ですか?
ほとんどの人は毎日シャンプーしたりブラッシングしたりしますが
そういった時にも必ずといっていいほど髪は抜けますよね。

抜け毛が気になるシチュエーションはさまざまですが、
シャンプーやブラッシングで数本抜けるのは普通だと思って大丈夫ですよ。

むしろこれらの行為で抜けたのではなく、
すでに抜けていた髪の毛が現れたと言えるでしょう。
ですので毎日のシャンプー、ブラッシングは気にせず行ってくださいね。

そもそも髪を触ったときに抜けるのは周期的に抜ける髪の毛なので
さほど気にする必要はありません。
髪は生え始めてから抜けるまで、決まったサイクルで活動しているからです。

抜け毛を気にする人も気にしない人も、毎日70本から多い日ですと100本近く
抜けているのです。
本数だけ見るとびっくりするくらい多いでしょう?
それでも薄くなったと感じないのは新しい髪の毛が生えているからです。
鏡で見て、明らかに薄くなった、少なくなったと感じたら要注意です。

さらに注意すべきなのは、朝起きたときに枕にべっとり髪の毛が抜け落ちているとか、
背中に抜けた髪の毛が多量にくっついている状態です。

何もしていないのにそこまで抜けている状態が長期間に渡って続いているのであれば、
一度専門医を受診することをオススメします。
薄毛

意外に思われるかもしれませんが、薄毛と脱毛は似て非なるものです。
髪が減るんだから同じことでしょ?と言う人もいるかもしれませんね。

ですが、抜ける毛というのは髪の毛としての一生を終えた、いわば死んだ髪が
頭皮から抜け落ちているだけなのです。
薄毛の人の場合、このサイクルが通常よりも短くなっているケースがほとんどです。

薄毛の状態というのは本来ならば抜けなければならない髪の毛が頭皮にかろうじて
残っている状態です。茂った若い木に覆われた山と枯れて寂しくなった木が立ち並ぶ
山といった感じですね。

最初は目立ちにくくするために整髪料で髪を立たせたりパーマをかけたりすることで
対処する人が多いのですが、実はこれがかえって症状を進行させているのです。

さらに時間が経過し髪全体のボリュームがなくなったと感じ始める頃には
すでに薄毛が進行している状態になっています。

人によっては育毛剤を使い始め、結果抜け毛が減ったと喜ぶこともありますが実は逆で、
内部で症状が悪化していることが多いのです。

抜け毛が減っても丈夫な髪が生えてこず産毛かと思われるような頭髪しか育てられないため、
ますます薄毛に見えてしまうのです。

それを回避するためには、何よりも頭皮を強く健康にしなくてはなりません。
ケアすべきは髪の毛ではなく頭皮のほうなのです。
丁寧なシャンプーと適度なマッサージを繰り返すことでわずかずつでも解消されるはずですよ。
原因
たいていの場合加齢と共に髪の毛の本数もボリュームも失われていくものですが、
それでも人より早く抜け毛の悩みに直面する場合があります。
男性に多い症状ですが、女性でも気になる人は少なくありませんよね。

一口に抜け毛と言ってもその原因は実にさまざまで、いくつかの要素が絡まりあって
症状が発症、進行していると言われています。

かつては抜け毛の主な原因はストレスだと言われていました。
ですが近年の研究により、必ずしもそれだけではないことが分かっています。

ひとつに、ホルモンバランスの変化によるものがあります。
男性ホルモン優位の女性であれば、そこに含まれるテストステロンの働きにより
髪の毛の成長が阻害されてしまうため、薄毛や抜け毛を誘発します。

特に女性は妊娠・出産や閉経、更年期などでホルモンバランスの変化が
男性と比較すると激しいため、症状が現れることが多いのです。

嗜好品の過剰摂取や食生活の乱れも要注意です。
日ごろからタバコを摂取していたり偏食が多いと、やはり抜け毛につながります。

特にタバコは喫煙時に一酸化炭素を同時に吸っているため、血流が悪くなってしまいます。
そのため抜け毛予防にはまず禁煙、と言われているのです。

不眠やストレスも当然髪にとっては良くありませんね。
特に髪の毛は睡眠中に成長しています。その大切な睡眠時間が削られてしまっては、
当然髪の毛も成長できません。

これらの原因の中で自分に当てはまるケースがひとつでもあれば、
出来るところから少しずつ軽減していきましょう。
サプリメント
少しでも薄毛の症状を改善したい、でも薬に頼るのは何となく抵抗があると言う方に
オススメなのがサプリメントです。

一口にサプリメントと言っても実にたくさんの種類がありますから
どれが良いのか迷いますよね。
ここでは特に脱毛抑制効果や美髪効果の高いものを教えちゃいます

まず、若返りのビタミンとしても注目を集めているビタミンEです。
強力な抗酸化作用を持ち老化予防も期待できるため、
頭皮の血流アップや髪の毛の老化防止に一役買ってくれますよ。

他にメチオニンは髪の材料を作る働きを持っており、髪の健康を維持する上で
大変重要な役割を果たしていますし、システインは毛髪や、皮膚に多く存在し、
これらの健康を保つ上で大変重要なアミノ酸です。

メチオニンは体内で合成することは出来ませんし、
システインも酸化に弱く調理時に大半が失われてしまうため食品からの摂取は困難です。
そのためどちらもサプリメントで補ってあげると良いですね。

また意外なものとしてイチョウ葉エキスとビール酵母が挙げられます。
イチョウの葉に含まれる有効成分は頭部の循環を改善する働きがあり、
脳内の血流をよくする効果が期待できます。

頭皮も頭部のひとつですから、血流がよくなるのであればぜひ取り入れたいですよね。

ビール酵母はダイエット向きであることは知られていますが、
効能はそれだけではありません。

成分のひとつであるビタミンB群は新陳代謝を促進し、免疫力を高める効果があるため
やはり髪の毛や頭皮の老化防止に役立ちます。

効果的な食事

美肌に効果のある食事は良く知られていますが、
実は髪や頭皮を美しく健康に保つための食事も存在します。

頭皮が健康であれば生えてくる髪も健康ですし、
逆に頭皮がダメージを受けて弱っていると美しい髪は育ちません。
肥沃な畑と痩せて不毛な土地とを比べてみると分かりやすいですね

海藻類が良いことは昔からよく言われていますが、
他にも抜け毛対策に効果のある食材は存在します。

黒ゴマにはセサミンと呼ばれるビタミンが豊富に含まれており、
抜け毛を抑制するだけでなく発毛を促したり白髪予防にも一役買ってくれます。
アレルギーが無ければ毎食取り入れても良いですね。

ネギにはカルシウムとビタミンB2が多く、かつ硫黄分も含まれていますので、
これを常食することで抜け毛を防ぐ効果が得られます。
こちらもアレンジしだいでさまざまな食事に使えますよ。

さらに意外なのがキュウリです。
脱毛症対策に有効なので、旬の頃には特に意識して取り入れてみましょう。

逆にあまり摂取しないほうが良い食事も中にはあります。
髪や頭皮によくないということは、
過剰摂取すると身体にとってもマイナスであると言うことです。

肉類ですと脂分の塊は避けたほうが良いですし、塩気の強すぎる魚も
あまりオススメは出来ません。

防腐剤や着色料も使用していないほうが望ましいため、
コンビニ弁当および出来合いの惣菜も避けた方がいいですね。

治療法
病院にも行かず手軽に行える抜け毛の治療法としては、
真っ先に育毛剤や育毛シャンプーの使用を思い浮かべますよね。

これらのアイテムはドラッグストアなどで簡単に入手できますし、
当然医師の診察も処方も必要ありません。

ですがキチンと治したいと言うのであれば、やはり一度専門医の受診をオススメします。
育毛剤でその場しのぎは出来ても、根本的な原因が解決されないと完治は難しいためです。

皮膚科医でも抜け毛の相談には応じてもらえますが、さらに踏み込んだ治療を望むなら
頭髪外来や育毛専門クリニックを受診したほうが良いですね。
さまざまな角度から、根本的な原因を解明してもらえますよ。

実際にどういった治療を行うのかと言うと、まずはカウンセリングから始まる
ケースが多いです。
日常生活から身内の状況まで、出来るだけ詳しく回答しましょう。

その上で、最初はやはり育毛剤の使用から始まることもありますが、場合によっては
カツラの作成から増毛術、人工植毛術までさまざまな治療法を取り入れている所も。

市販されている育毛剤とどう違うの?と思われることもあるでしょう。
ですが症状に合ったものを自分で探すのはなかなかに大変です。
専門医の選んだものを、指示に従って正しく使えば安心できますよね。

他に最先端の治療法ではレーザーを毛根に照射する方法を採っていることもあります。
この方法自体日本での歴史は浅く、取り入れている専門医もそう多くはありません。

ですがレーザーを照射することにより頭皮の血流を促す効果が期待できます。
血流がよくなると毛根にも栄養がたっぷりと行き渡りますから、
結果脱毛症状の抑制につながると言うわけです。
ダイエット
食事制限によるダイエットが成功したものの、なんだか抜け毛が増えてきた...。
そんな経験はありませんか?

抜け毛が増えるまでは行かなくても、髪のハリやツヤ、コシが無くなったと感じる人も
少なくありません。
無理な食事制限は、実は抜け毛の原因になり得るのです。

髪の毛を美しく保つためには、やはり栄養分も欠かせません。
髪の毛に必要な栄養分は、血液によって運ばれています。

それが無理な食事制限によるダイエットが元で栄養が行き届かなくなると、
血液は髪の毛に栄養を届けることを止めてしまいます。
少ない栄養分で生きるための全身の活動を維持しなければならないからです。

余談ですが無理な食事制限を重ねると、
ヒトの身体は生きるために不要な部位から活動を止めていきます。
髪の毛が伸びなくなったり、女性であれば生理が止まるのもそのためです。

カロリーは押さえつつ必要な栄養素はたっぷり取り入れ、
積極的な運動で時間をかけてゆっくりと体重を落とす。
理想的なダイエットは髪も身体も健康にしてくれますよ。

また運動すれば全身の血行がよくなりますよね。これは髪の毛にとっても良いことで、
よくなった血流に乗って栄養が運ばれてくるため自然と髪も美しくなると言うわけです。

そのため、ダイエットは長期的に行うのが望ましいと言えるでしょう。
食べない方法により短期間で急激にやせても、健康的とは言えません。
無理の無い範囲で、美しい髪とボディを手に入れましょう。
夏の場合
ジリジリと焼け付くような夏の日差しは、身体だけでなく髪の健康も損ないます。
紫外線が肌に良くないことは良く知られていますが、それは髪にとっても同じこと。
肌の日焼け対策はしていても、髪の日焼け対策、紫外線予防はキチンと出来てますか?

空から降り注ぐ夏の紫外線は頭皮を乾燥させ、汗の分泌を促します。
清潔でうるおった頭皮は健康な髪にとって欠かせないものですから
皮脂と乾燥で痛んだ頭皮から健康な髪が生えてこないことは想像できますよね。

さらにエアコンの効いた室内で過ごすことが多い人は紫外線の影響こそないものの
常に乾燥にさらされていることになりますし、
夏バテできちんとした食事が摂れないと頭皮も髪も栄養不足に陥ります。

総じて言えば、夏は1年中で最も髪や頭皮がダメージを受けやすく、
また抜け毛の症状も進行しやすいと言えるでしょう。
そうならないためにも、やはり日ごろからの手入れや対策が何よりも必要と言えます。

最近では髪専用の日焼け止めスプレーも市販されていますから、
積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

刺激を与えたくないのであれば短時間の外出でも帽子をかぶったり
長い髪はスッキリとまとめるなど出来ることから始めましょう。

ただし帽子の長時間の着用はかえってムレの原因となるため注意が必要です。
極力風通しの良いタイプのものを着用する、時々木陰などで帽子を脱いで風に当たると
いいですね。

季節柄シャンプーは毎日する人がほとんどですよね。
ここで紫外線や乾燥で痛んだ髪の毛のケアをすることをオススメします。
トリートメントをこまめにする、頭皮マッサージを取り入れるだけでも違ってきますよ。

秋の場合
秋に入ると抜け毛が急に増えると感じる人は多数います。
よく夏の疲れが髪に出ると言われますが、それもあながち間違いではありません。
他に次のような学説もあります。

多くの哺乳類は冬毛から夏毛へ、逆に夏毛からまた冬毛へと生え変わりますよね。
これと同じ現象が、実は私たち人間の身体にも名残として起こっているのです。
ですから秋の場合に抜け毛が増えるのはある程度自然な生理現象だと言えます。

また夏の紫外線にさらされ、さらに夏バテで食が進まず夜も良く眠れない、
これでは身体だけでなく髪の毛にとっても苛酷な環境であると言わざるを得ませんね。
秋の場合の抜け毛はすでに夏から始まっていると考えたほうが良いでしょう。

そのため秋の抜け毛を予防するには、夏の間からのケアが必須です。
夏は特に汗を多量にかく季節ですから毎日のシャンプーは当然ですが、
暑い季節は2回したほうが良いでしょう。

そして外出時には帽子をかぶったり髪用の日焼け止めスプレーを塗布したりするのも
有効です。

そして侮れないのがエアコンによる乾燥です。
これは近年秋口になっても暑い日が続くため、室内では長期にわたってエアコンを
使用しますよね。

乾燥は肌だけでなく頭皮や髪にも確実にダメージを与えます。
出来る範囲でよいので頭皮マッサージを取り入れる、室外に出るなどもいいですね。

夏の間の対策が秋の抜け毛を予防します



目を冷やすのはかゆみがある時だけ?逆に視力低下に繋がる!?


  目が悪いと生活の中で何かと不便ですよね。
  目がいい人は急激に悪くなるいいます。
  
  今はいいといってもいつ目が悪くなるかわかりません。
  
  既に目が悪い人に関しては視力回復の方法がいくつもあります。
  常に予防が大切です。

視力低下を予防する5つの方法


・目を温めて視力低下を予防

パソコンの作業などでの、目の疲れを回復し、視力低下を予防する方法としてよく知られているのは
疲れ目を冷やす」「疲れ目を温める」の2つがあります。

この2つは真逆の方法に思えますが、どちらが視力低下に効果的な方法なのでしょうか?
結論から言うと、一般的には「目を温める」が正しい疲労回復方法です。
視力低下を予防するためには疲れた目を温めてください。それはどうしてでしょうか?

目を温めることで目や周辺の毛細血管が開き、血行が良くなるからです。
逆に目を冷やすと毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。

疲れた目を冷やすのは確かに一時的に気持ちがいいものですが、疲労回復や視力低下予防という面では特に効果的というわけではありません。
気持ちがよくて精神的にリフレッシュできるという面ではプラスかもしれませんが、
目を冷やせばいいのは目にかゆみがあるときです。冷やすことで炎症を抑えて緩和させます。
スポーツ選手がアイシングで筋肉を冷やしますが、それと同じ理由です。
 
目を温めるのに手軽で効果的な方法は、目にホットタオルを当てることです。
小さなタオルを水で湿らせて電子レンジでチンすれば、簡単にホットタオルを作ることができます。
パソコンの作業などで目が疲れたときは、このホットタオルで簡単で効果的な疲れ目の回復方法で
視力低下の予防につながります。


・視力回復マッサージの方法
疲れ目には目を休めるのが一番ですが、単に目を休めるだけでなく、積極的に疲労回復をして視力低下を防止するのはより効果的な方法です。

眼精疲労の回復方法として、目の周辺やツボをマッサージして刺激するのもいいでしょう。
ここでは、目の疲労回復を積極的に行うためのマッサージ、ツボ刺激についてご紹介したいと思います。
視力回復マッサージ

1. 両手を軽く握り、人差し指だけは「カギ状」にします。つまり第一関節と第二関節は曲げたまま、
第三関節は伸ばします。人差し指の第二関節を、眉毛の下の骨の出っ張りに当てます。
2. そのまま骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻まで軽くマッサージします。
3. 今度は同じように目の下の骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻に向かって軽くマッサージします。
4. 2と3を繰り返し行います。3分ほど行うと良いでしょう。

眼精疲労のツボ
 眼精疲労に効果的といわれているツボは次のとおりです。
晴明:左右の目の目頭よりも少し鼻よりのくぼみの部分にあります。
太陽:目尻とこめかみの間にあります。ややくぼんでいる所です。
魚腰:眉の少し下、目の中心にあります。
四白:目の中心の真下、小鼻の横にあります。

これらのツボに指の腹を当て、小さな円を描くように10回マッサージします。
終われば反対向きの円を10回。ツボマッサージはあまり強くしすぎないようにしてください。

疲労回復の眼球体操
 体の筋肉も軽い体操を行うことで血行が良くなり疲れが回復しますが、目も同じです。
眼球体操を行うことで積極的に目の疲れを回復させることができます。
 方法は、まず1,2秒間目をギュッと固く閉じ、パッと開いてまばたきをパチパチと連続10回行います。
これを1セットとして3セット繰り返します。
眼球体操2
 上記の眼球体操同様、まず目を1,2秒間固く閉じてから開きます。
その後顔を動かさず、視線だけを右、下、左、上と、右回りにゆっくり一周させます。
三周行ったら今度は反対周りに三周視線だけを動かします。数分間行ってください。

長時間のパソコンによる目の疲れ、まずは目の使いすぎに注意しましょう。

・疲れ目にブルーベリー
疲れ目の視力低下を防止するためにブルーベリーが良いとよく言われています。
なぜブルーベリーが視力低下防止や眼精疲労に良いのでしょうか?
その理由はブルーベリーには「アントシアニン」という物質が含まれていて
アントシアニンに次のような作用があると考えられているからです
 
抗酸化作用
・血行促進作用
・視細胞で分解される「ロドプシン」という物質の再合成を助ける作用
実際、ブルーベリーの抗酸化力は野菜類の中で最も高いそうです。
ブルーベリーは生で食べたり、ジャムとして摂取することもできますが
ブルーベリーのサプリメントとして摂取するという方法もあります
 
ただし、問題なのはその摂取量。ブルーベリー(アントシアニン)が視力低下防止や視力回復に
効果があるとされているものの、実際にどのくらい摂取すれば効果があるのか
科学的に検証した結果は存在しないようです。
 
しかし、実際にDHCなどのブルーベリーのサプリメントを飲んで疲れ目に効果があったという
体験談もあります。ブルーベリーの効果は個人差もあるでしょうし
また「サプリメントを飲んだ」ということで心理的に目が疲れにくくなったという自己暗示もあるのかもしれません。
 
ブルーベリーの視力低下・疲れ目に対する効果はまだまだ議論の余地があるものの
決して試して悪いというものではありません。
どうしても疲れ目を何とかしたいという方にはブルーベリーのサプリメントなどを
試す価値は十分にあるのではないでしょうか?

・パソコンによる視力低下
パソコンの画面を長時間見ていると視力の低下につながります。
一説によると、パソコンの画面を4時間ほど連続して見ていると、弱い仮性近視の状態になるそうです。
確かにパソコンのモニターを長時間見ていると目が非常に疲れます
視力低下につながるのも間違いないでしょう。
 
パソコンの画面を見ている最中はまばたきの回数も極端に少なくなると言われています。
瞬きには目の表面の乾燥を防ぐ効果もありますから、まばたきが少ない状態は
目を酷使しているということです。
パソコンによる視力低下を防止するために一番大事なことは、パソコンのモニターを見続けないで、適宜休憩をとることです。
大体15分ほど休憩することで弱い仮性近視の状態から視力が回復すると言われています。
 
また、長時間のパソコンの作業は首や肩のこりにつながり、コリが目の血行を悪くします。
ですので休憩も机の上でするのではなく、机から離れて軽い体操やマッサージをすると視力回復に
さらに効果的です。
なお、パソコンの作業中は目からディスプレイまでの距離は40から70cmくらい離し
視線はやや下向きになるようにすると目の疲れを最小限に抑えることができるといわれています。
 ちなみに、「パソコンの画面は明るいほうがいい」と思っている人が多いのですが、そうではありません。
パソコンの画面は白地が多く明るすぎ、目に負担がかかります。
画面の輝度を調節して多少暗めに調節するほうが実は目に優しいのです。
 
さらに、室内の照明も明るければ明るいほど良いわけではありません。
仕事でパソコンの画面を長時間見続ける会社では、あえて照明を多少暗くして視力低下を
予防しているところもあるそうです。室内の明るさが300から500ルクスにすると良いそうです。

・ドライアイと目薬
 ドライアイとは涙量の減少や涙の成分の変化によって目の表面が乾き、疲れ目や目の
不快感などを引き起こす症状です。
特に長時間パソコンの画面と見続けると瞬きの回数が減り、ドライアイになりやすいと言われています。

また、若い人よりも中高年のほうが涙の量が減る分、ドライアイになりやすいですし、部屋が乾燥していてもドライアイを引き起こす要因となります。

さて、パソコンを長時間見続けていると起こりやすいドライアイですが、目の不快感の約60%がドライアイに原因があるといわれているように、実は多くの人に見られる一般的な症状なのです。
 
ドライアイによる目の疲労回復に、多くの人が目薬を利用していると思います。
たしかに目薬は爽快感だけでなく、水分や各種ビタミンなど、目に必要な栄養を補給してくれます。
しかし、目薬に頼りすぎるのは禁物。
目薬にも正しい使い方があり、使い方を間違うと逆効果になりかねません。
 
目薬について犯しやすい間違いは、「差す回数が多すぎる」ということです。
涙の成分には、目の水分の蒸発を防ぐ脂分が含まれています。
目薬を何度も差しすぎると脂分を流してしまい、水分の蒸発が促され、かえって疲れ目やドライアイの原因となります。
 ドライアイの原因になる可能性があるのは目薬だけでなく、洗顔液もです。
実際、習慣的に洗眼液を使用している人の多くがドライアイや目の感染症にかかっていて
目の痛みを訴えて眼科医にかけこむケースが目立っているそうです
 
目薬には爽快感を与える「メントール」が含まれており、その刺激が欲しくて何度も差す傾向がありますが、説明書の使用回数は守り、自分の持つ「涙」の効果を打ち消してしまわないようにしましょう

QLOOKアクセス解析
ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ