・リンパとは

リンパとは、リンパ管の中を流れる無色透明な液体であるリンパ液のことを指す

リンパは、動脈と静脈の血管系と同じように、全身に分布しており、「リンパ系」と呼ばれる。

リンパ系は、体内に侵入した病原菌や微生物を捕らえて、体内への感染を防ぐはたらきをしている。


・リンパ液とは

リンパ液は、血液循環で毛細血管からもれ出た血漿の一部で
死んだ細胞や血球、細菌などを運ぶはたらきをしている。

リンパ液は、毛細血管から「リンパ球」が流れ込み、病原菌や微生物を捕らえて
体内への感染を防ぐ役割も果たしている。

リンパ液は、静脈血が筋肉のポンプ作用で血液の流れができているのと同じよう
収縮する筋肉に押され、上へ、上へと押し上げられている。

また、リンパ液には、静脈にある弁と同じように、血液の逆流を防ぐための弁がついている。


・リンパ節とは

毛細リンパ管網は、静脈血が毛細血管、小静脈、静脈、と段々太い血管へと進みながら
上大静脈と下大静脈の2本の太い血管から心臓の右心房に戻ってくるのと同じように
段々と太いリンパ管に集まられていき、それが1本の管となって
首の下にある鎖骨下(さこつか)静脈にリンパ液を流し込んでいる。

そして、リンパ管が合流したかたまりになっているのが「リンパ節」である。

リンパ節は、全身に300~600個も存在するといわれている。

このリンパ節が体内で最も集中しているのが、首とその周りである。

また、鼠径部(そけいぶ)と呼ばれる股の付け根や下腹部にもリンパ節が集中している。


・リンパ節の働き

リンパ節は、目には見えないくらいの小さいなものから豆粒くらいの大きさのものまで
さまざまな大きさのリンパ節がある。

リンパ節は、えんどう豆のような形をしており
リンパ管が流れ込む入り口である「輸入リンパ管」と「輸出リンパ管」がついている。

輸入リンパ管から入ったリンパ液は、リンパ節で濾過され、病原菌や異物などを取り除く。
その後、リンパ液は輸出リンパ管から出ていく。

このはたらきにより、感染が全身に広がることを防いでいる。

また、病原菌や微生物を捕らえて、体内への感染を防ぐ役割を果たす「リンパ球」はリンパ節でつくられる。

リンパ節は、古くなると新しいものに生まれかわる。


・リンパ管と毛細リンパ管

人間の体内には、動脈と静脈がくまなく張り巡らされており
心臓の左心室から送り出された血液は、大動脈、動脈、小動脈、毛細血管と、段々と細い血管へと巡り
体内のすみずみに酸素や栄養分を届け、かわりに二酸化炭素や老廃物を受け取りながら
毛細血管、小静脈、静脈、と今度は段々太い血管へと進みながら
上大静脈と下大静脈の2本の太い血管から心臓の右心房に戻ってくる。

この動脈と静脈の血液循環の仕組みを「体循環」または「大循環」と呼ぶ。

この動脈と静脈に沿って、「リンパ管」も分布しており、リンパ管の最も細い部分を「毛細リンパ管」といい
毛細リンパ管がリンパ管の末梢で網の目のようにつながって、「リンパ管網」として分布している。